学研 家庭教師 教材

MENU

教材を買わなくても高い評価を維持し続ける学研の家庭教師の謎

家庭教師の必要性に悩む親御さんは多いもの。

 

学研の家庭教師に定評があるのは教材を無理に購入する必要がないのもメリットの一つです。

 

教材は今使っているもので、最大の結果を残す学研は家庭教師のまさに救世主と言えるでしょう。

 

受験に必須!塾や家庭教師

テストや試験勉強をするときはもちろん自分の力でやってきた方が多いとは思いますが、中には塾に通ったり、家庭教師を雇ったりと、自分だけの勉強法を確立されている方も多いと聞きます。

 

特に最近では小学生や早ければ幼稚園時代から家庭教師をつけ勉強の必要性、重要性を身に着けさせる親御さんも多いもの。

 

中でも人生の分け目ともいえる中学受験に、頭を悩ませている親御さんもいいでしょう。

 

塾は、もちろん時間が決められていて、結構かっちりと時間を守られています。

 

まさに、小さな学校の延長ともいえます。

 

講師の方が教壇に立ち、小テストや、学力診断なども行われているため、学校の勉強よりも進んでいるケースの方が多いですね。

 

しかも学校の授業よりも何倍も進むペースが速いので、学力別にクラスが別れていることがほとんど。

 

いい点数を取らないと即刻クラスを落とされるなんて、日常茶飯事にあるようです。

 

せっかく勉強しに行っているのに、ちょっと目的とズレてしましそうです。

 

学研の家庭教師

なるべく一人で、個別に質問などが出来るように配慮するのであれば、家庭教師がおススメ。

 

特に自宅学習ともなると、一人で勉強に集中するにはかなりの鍛錬がいります。

 

いい大人でもなかなか集中できずに、合間合間に何かしら気を取られてしまうものです。

 

人間ならば誰しも経験があるとは思いますが、ましてや多感期の子供となれば、言うまでもありません。

 

そこで家庭教師に見てもらう事こそ、子供の集中力を上げ、さらにはしっかりと自宅学習に結び付けることが出来るのです。

 

どんないい教材を使って、個別に授業を進めていくのだろうと私は興味がありました。

 

私自身親ですし、私の子供も学研の会員になっているので、いつか家庭教師を雇う際の参考にしたいと思っています。

 

実は学研の家庭教師はオリジナルの教材というものがありますが無理に購入する必要はありません。

 

基本的にはその個別授業のほとんどが、実際使っている教科書やプリントにそって行われているので、教材をわざわざ購入する必要がないのも魅力の一つと言えます。

 

教材は買わなくてもOK

塾などの集団教育の場合、同じ教科書や参考書と言われるものを用意しなければ、みんな同じペースで進むことが難しいのですが、さすが個別授業の家庭教師。

 

一人一人のスピードや学習能力に合わせて時間を使っていくので、お子様もご家族も無理なく進めることが出来るのです。

 

それに、学研の家庭教師は営業マンでもありませんので、学研の家庭教師が使用する教材の紹介があるものの無理な勧誘等ないので、変に気を使わなくていいのがまた、嬉しいポイントの一つと言えます。

中学受験の総合情報

スポンサーリンク