家庭教師 中学受験 学研

MENU

人生を左右する中学受験。合格の突破口は学研の家庭教師にあった?

大切な中学受験、必ず成功させたい親子は学研の家庭教師という選択があります。

 

個々の学校に合わせた中学受験対策は門外不出の学研オリジナル。

 

家庭教師だからできる細やかな対応任せてみる価値あるかも。

 

お受験戦争

一言で受験と言えどその種類は様々あります。

 

早ければ幼稚園から、大学受験まで、受験は大人になるにつれ競争率も高く、合格倍率もどんどん上がっていってしまいます。

 

幼稚園の受験などは一時期かなり流行り社会現象になったりテレビドラマなどにもよく取りだたされました。

 

お受験戦争なんて聞いたことある方も多いのではないでしょうか。

 

幼稚園とまでは行きませんが、早い子は中学受験から本格的な受験を味わう子も多いと聞きます。

 

昨今の日本で活躍されている政治家、スポーツ選手など、毎日テレビでよく見かける方たちは、いわゆる中高一貫校に通っていたケースがほとんどです。

 

つまり、中高一貫校に合格する事こそ、未来像が大きく変わる第一歩と言っても過言ではありません。

 

そう考えると中学受験に合格する事こそが、子供の未来を左右する受験の一つとなるのです。

 

中学受験は突破口

そんな大事な関門、中学受験に大切なのは、受験校の試験傾向と対策をしっかり見極める事。

 

来れこそ、大切な受験突破の近道と言っても過言ではありません。

 

年々、受験課題やその範囲は広く、中々読めないと言われていますが、学研にかかればそこまでもきちんと把握し、その時最適な勉強を教えることが出来ます。

 

これには中学受験という特別な受験概要が隠れていました。

 

受験には面接が付き物ですが、中学受験特に中高一貫校ともなると適正検査までも受験項目に入ってくるのです。

 

この適正検査はその名の通り受験する側が自校に合った人材の適性を図り見極めるために行われるもの。

 

各中学校がどの様に適性を見極めているのかはわかりませんが、過去の傾向から対策を練っていくのが学研流。

 

各学校の特性や、傾向、特色などを見極めた、適性検査対策もない様に含まれているのです。

 

受験から見る未来像

もちろん受験はそれだけではありません。

 

各校によっても異なりますが、基本的な強化はもちろん、作文があったり面接があったりと独創性に富んだ受験も珍しくはないのです。

 

近年の社会では、より教養を受けた頭の切れる子よりも、社交性のあるコミュニケーションをとれる人間の方が重宝されます。

 

つまりは道徳心が重要視されているのです。

 

どんな教育がお子様に合っているのか一言では言えませんが、受験を受けるのなら未来を見据えることをお忘れなく。

中学受験の総合情報

スポンサーリンク