中学受験 2013

MENU

2012年度の中学入試結果から見た2013年度の倍率予測は、

塾で配布される今年の資料から読み取るのが最良の方法です。

 

しかしながら首都圏模試や市進の2013年度の予測なる情報をネットで見てみると、全体的にはさほど傾向が変わらないようですね。

 

市進の7月の模試の結果による志望者数を見ると、

  • 開成、
  • 麻布、
  • 武蔵(練馬区)、
  • 駒場東邦

難関4校は全体で4%ダウンだそうです。

 

でも結局は2012年と同じく、チャレンジ層が減ったことが原因で、難易度も倍率もそうは変わらないのではとのことです。

 

また上記の学校に次ぐ、

  • 海城は2%ダウン、
  • 巣鴨は1回が17%ダウン、
  • 2回は8%アップ(新校舎設立のため仮校舎に移転が原因か?)、
  • 栄光学園が13%ダウン、
  • 聖光学園が1回5%ダウン、2回9%ダウン、
  • 浅野が8%ダウン

となっています。

 

一方女子では、

  • 女子学院が13%ダウン(豊島岡に押されている?)、
  • 双葉が10%ダウン、
  • 豊島岡が1回8%アップ、2回1%アップ、
  • 吉祥女子が1回14%アップ、2回前年と同じ、
  • フェリスが1%ダウン、
  • 横浜双葉が3%ダウン、
  • 横浜共立がA4%ダウン、B33%アップ(これは2月3日が日曜なので、プロテスタント校であるため4日に移動するために増加しています)、
  • 洗足が1回20%ダウン、2回15%ダウン3回12%ダウン(原因不明)。

 

付属校では、

  • 慶応普通部が4%アップ(前年の減少の反動ではとのことです)、
  • 慶応中等部が男子12%ダウン。
  • 女子8%アップ、
  • 慶応藤沢が男子1%ダウン、女子9%ダウン、
  • 早稲田実業が男子7%ダウン、女子11%アップ、
  • 早稲田中学が3%ダウン、
  • 早稲田学院中等部が39%ダウン(これは学費が高いことか広報活動のマズさが原因と見られるらしいです。結果的に下がることが必至のようです)

となっています。

 

 

大学付属校の志望率は不況のためか年々減少傾向です。国立大への受験者志望数が増加もありますね。

 

首都圏模試のデータによると、
2012年度の首都圏における受験者総数はのべ308,911で2011年度が302,092ですから102,3%伸びています。また、一人当たりの受験数が男子6,93校、女子が6,67校で、2007年以降6,5校なので若干増加しています。

 

これは、不況や震災があったにも関わらず中学受験への関心の高さを物語っており、こういう時代だからこそしっかりした教育を施したいという親の考えが反映されていると思います。

 

 

しかしながら以前は見られた難関校へのチャレンジ受験は減少しており、確実に受かる学校を受験する傾向にあります。これは不況の影響もあるでしょうが、難関校でなくとも進学実績を伸ばす学校であることや勉学のみならず教育方針に目を向けるような親の熱心さも見て取れます。

 

 

2012年度の募集総数46,420に対し推定受験者数が45,200となっており、これは中学入試が全入であることを示しています。しかし上位校の難度は上がっている傾向にあり、中堅、下位校は比較的入り易い傾向にあります。

 

これらの結果が2013年度も続くと思われます。

2012年度中学受験における倍率を読み解く!受験倍率2012データ

中学受験を控える子供を持つ親の大切な仕事の一つとして倍率データの解析がありますが、実際にこれって必要なことなのでしょうか?今回は2012年の倍率データから分析する2012年度の傾向と対策をみていきましょう。

 

 

2012年の首都圏の中学入試は前年よりも8400人ほど受験者数が減っています。倍率も0.2%ほど低下しています(日能研データ)。四谷大塚のデータによると首都圏の男子校の倍率は2.6倍、女子校は2.1倍、共学は2.1倍でした。

 

 

全体では2.1倍でした。首都圏では1月に行われる埼玉県と千葉県の合格者数の方が多めに出ますが、首都圏の倍率のみを見ると二人に一人しか合格できないという結果になっています。しかしながら実際には複数回受験や滑り止め校も含め辞退するケースも無数にあり、実質倍率ではほぼ全入時代ともいえます。

 

 

同じく四谷大塚のデータによると男子校、女子校、共学ともに偏差値40以下の倍率が1.5倍以下になっています。偏差値45以上になると男子校が2.4倍、女子校が2.1倍、共学が2.1倍に上がります。

 

 

偏差値45以上から入りにくさが出てくることがうかがえますね。ただ40以下でも広く支持されている人気校もあり、そういった学校は倍率、実倍率ともに高いこともあります。また首都圏の男子は51校で女子校が106校、共学が134校ですので、男子校の方が倍率が高いのです。

 

 

私の子供も2012年の受験者でした。こういったデータを見るには見ていましたが、実際の受験になるとデータなど気にしてはいられませんでしたね。とにかく目指す学校の過去問や苦手の克服に躍起になっていました。

 

 

データはあくまでデータでしかありません。不安な数字が出ていたとしても気にしなくていいですよ。データの分析は難しそうですしね。最後に頼りになるのは過去問の出来具合いでしょうか。過去問がその学校の最大のメッセージですからね。

 

 

過去問は出来うる限り、同じものでも繰り返しやりましょう。ただ6年生の後半からやるのをお勧めします。自分の実力より低いところなら早くからやってもいいでしょうが、志望校ならばカリキュラムが終了してからでもいいのです。あまり早くやっても大抵結果は出ません。10、11月に1,2回やっておく程度で、あとは受験直前でいいのです。受験の一週間前あたりからどっとやり込むのがいいと思いますよ。

 

 

2012年の中学受験では、不景気や震災、少子化もあり、受験者数が減少したばかりでなく、大学付属校の人気にも歯止めがかかりました。またチャレンジ受験や記念受験が減り、確実に合格できる学校を受験する傾向にあるようです。

 

 

また学校選びは大学進学実績の良さや面倒見のいい学校に人気があるようです。震災の影響からか、自宅から近い学校や耐震工事がなされた校舎であるかも判断基準にされています。

 

 

ネットには大手進学塾の詳しいデータが豊富に出ていますから、詳しいデータはそちらで調べてみてくださいね。

倍率速報を受け取ったら2013年度中学受験における倍率みてみよう!

願書の受付が始まると塾から倍率速報を受け取ると思いますが。倍率速報はどのように作成されているのでしょうか?今回は2013年度の中学受験倍率速報の読み方、また倍率速報との上手な付き合い方についてお話していきたいと思います。

 

 

2013年度の中学受験の倍率速報は願書の受付が始まらないと出ませんが、お通いの塾で順次配布されますので、それをご覧になって下さい。現在ネットなどで発表されているのは2012年度のものです。

 

 

入試の倍率には当然二種類あり、単に出願数で算出されたデータと実績とがあります。出願数が表すものは、昨年と今年度の人気の比較とでも言いますか、その増減によって何故そのような現象が起こったのかを、受験業界やマスコミ、学校関係者が分析しているようです。

 

 

しかしながらそれはあまり個人には関係がないと、いつも私は思って見ていました。個人に関係するのはやはり合格の可能性を知るためのデータですよね。それが昨年度の実際の受験者数から算出された実質倍率です。

 

 

当然ながら実質倍率は受験が終了しないと出ません。ですから昨年度のものを参考にします。倍率というものは1.0を超えれば当然落ちる人がいます。また超えなくとも合格ラインに届かなければ、人数を割っても不合格になるでしょう。しかしながら結論を言えば、倍率はあくまで参考です。

 

 

倍率はどこの学校にもあります。大切なのは倍率を気にすることではなく、志望校に合わせた対策勉強をすることです。倍率だけでなく偏差値もまた同じです。偏差値が適っていても、それはあくまで模試が出来たという事で、志望校の入試の合格点が取れることを示してはいません。

 

 

ですから6年生後半の10月からは、過去問を中心にした志望校対策の勉強を進めてくださいね。

 

 

ちなみにネットで専門家が発表しているところでは、2012年同様、2013年度も安全型の入試傾向にあるようです。やはり不景気のせいでしょうね。確実に合格できる学校を受ける傾向にあります。

 

 

私の娘も2012年度の受験生でしたが、やはり最終的には無理をせず、難関校を諦め、一段階落としたところで決めました。娘は女子校ですが、女子校はコツコツの努力型で、全体的によく勉強する傾向にあり、それが選択理由の方も多いようです。

 

 

2013年度のみならず、一般的に昨年度の出願数が多く、実質倍率ともに上がった学校ほど、翌年は難化傾向と言われ、少々倍率が下がる傾向にあります。ですが受験生にはさほど大きな変化ではありません。

 

 

ただ、複数回受験の場合、最終回ともなるとどこの学校でも倍率は上がります。これは取る人数が若干名になってしまうので仕方がありません。でも1回目から受験している場合など、問題に慣れてきたり、雰囲気に慣れてきたりして案外受かり易いものです。

 

 

私の息子もそうでした。3回目の挑戦でしかも倍率が13倍にも達していましたが、合格できました。最後まで諦めないことです。入試には倍率がつき物ですが、本番ともなれば倍率なんて気にしていられません。

 

 

倍率がどうかなんてことに惑わされずに、お子さんのそれまでの努力と、子供が持つ未知なる力を信じて頑張ってくださいね。

中学受験の総合情報

スポンサーリンク


合わせて読みたい「志望校合格」へのポイント&体験談

「1月校」ってどう?
中学受験「1月校」を受けることは、子供にとっても親にとってもメリットとデメリットが存在します。今回は1月校を受けるメリットとデメリットを様々な体験とともにご紹介していきたいと思います。
3年生からスタート!
中学受験を考えいているとしたら、いつから子どもを塾にいれさせるべきか、なやみどころですよね。実際にどこの塾も本格的に中学受験に向けて雰囲気が変わるのは4年生からなわけですが、入塾の時期は3年生とよく言われるその理由は一体なんなのでしょうか
4年生の時勉強時間は?
中学受験に向けて本腰を入れていきたい時期でもある4年制ですが、まだまだ子どもの意識や集中力はそんなに高くない時期でもあります。そんなときどのように中学受験を控えいている4年生の子どもに勉強時間を設けさせるべきなのかをご紹介していきます。
4年生のサポート法
4年生になると中学受験を考えている子供とお母さんは本格的に準備がスタートします。初めての塾で戸惑う子供達も多いのでお母さんとお父さんのサポートが必要になります。そこで中学受験を控える4年生の上手なサポート方法を伝授します。
5年生の勉強方法
5年生時に中学受験に向けて習うことは受験の大部分を占めていると言われています。そんな大切な時期5年生の時にやるべきこととは一体どんなことなのでしょうか?今回は中学受験に向けて5年生からやるべきことをご紹介します。
6年生がやるべきこと
本番も目前に迫ってきた6年生時なのですが、この時期は子供にとっても両親にとっても大変な時期ですよね。この大切な6年生の時になにをすべきなのか?今回は中学受験のために6年生からやるべきことをご紹介していきたいと思います。
低学年から塾に
将来的に中学受験を考えている親御さんで低学年から子供を塾に行かせる方も増えてきているようです。しかし、低学年はまだまだ受験への意識も低い時期。こんな時期には、塾に通わせながら親子ともにどんなことをやっていけばよいのか、ご紹介していきます。
受験アプリは使える?
子供にスマートフォンを持たせている親御さんも多いのではないでしょうか?最近では、ゲーム感覚で勉強が出来るアプリも多く、中学受験対策にもつかえるアプリが色々と出ていますので、おすすめのアプリをとその付き合い方をご紹介していきたいと思います。
子供のストレスサポート
大きなプレッシャーのかかる中学受験は子供にとって計り知れないストレスになります。そこで、一番大切なのが両親のサポートです。今回は、十学受験を控えた子供達のストレスをどうサポートしてあげるかをご紹介していきたいと思います。
親がノイローゼに?
中学受験を控えた子供を抱えていると、両親も色々と悩んでしまうことが多くなりますよね。ノイローゼになってしまいそうになることも多いかと思います。そんなノイローゼになりそうな気持ちとどう向き合うかアドバイスをご紹介します。
中学受験のメリット
苦労も多い中学受験ですが、なぜこんなにもたくさんの人達が子供達を中学受験させるのでしょうか?それは、中学受験させることにメリットが存在するからです。今回はそんな中学受験のメリットをご紹介したいと思います。
やる気なし になったら
親の期待とは裏腹に子どもの「やる気なし」な態度には余計ストレスがたまりますよね。でも「やる気なし」を「やる気まんまん」な状態に変化させるにも親の大切な役目なんです。今回はどのようにやる気なしな子供との上手な中学受験の付き合い方をご紹介!
勉強しない子供
勉強がもともと大好きという子供なら中学受験の勉強もさほど苦ではないかもしれませんが、勉強が嫌いな子供の方が多いと思います。中学受験をさせたいけど、子供が勉強しない場合の子供のハンドリングの仕方をお話したいと思います。
受験をやめたがるのは親
中学受験をやめるやめないと話始めるのは、実は子供ではなく親の方が多いことが多いようです。それは子供にもストレスはあるものの、親のストレスも計り知れないほど大きいから!「中学受験をやめる?」と子どもに聞く前にやるべきことをご紹介します。
入塾は何年生から?
中学受験のタイプも昔とは変わり、受験の1年前から塾に行けばなんとかなる時代ではなくなりました。しかし、実際に中学受験のための対策は何年生から始めるべきなのでしょうか?今回はそんな疑問にお答えしていきたいと思います。
塾なしでも大丈夫?
中学受験をするなら必ずに塾に行かなければならないなんていう決まりはありません。子供にあった勉強スタイルを選んであげるのが一番なんです。今回は塾なしで中学受験する方法をご紹介していきたいと思います。
塾選びは重要!
中学受験対策にさまざまな塾がありますが、一体どんな塾に子供を通わせるべきなのでしょうか?塾選びを間違えると子供にとってとても負担になってしまいます。今回は様々な塾のタイプを特徴とともにご紹介していきたいと思います。
予備校と塾の違いは?
中学受験の際に子供が通うところは一般的に塾と呼ばれており、大学受験の際に子供が通う場所が一般的に予備校とよばれているわけですが、最近では予備校も変わりつつあるようです。今回はそんな現在の予備校事情をご紹介したいと思います。
家庭教師の相場
塾は勉強を教える場でもあるわけですが、塾だけで子供が理解できない場合もありますよね。そんな時に、もし家庭教師をつけるとしたら、中学受験用の家庭教師の相場はいくらくらいなのか、ご紹介していきたいといきたいと思います。
過去問分析の重要性
中学受験の際、たくさんの塾がそれぞれの学校の過去問をたくさん解かせますが、過去問を分析することはどれくらい大切なのでしょうか?今回は中学受験における過去問分析の重要性についてご紹介していきたいと思います。
学費はどれくらい?
中学受験をするということは、私学に行かせるわけですから学費は公立に行かせるよりもかかってきます。でも一体どれくらいの差があるのでしょうか?学校に入った後にかかってくる経費を含め詳しくご紹介していきたいと思います。
願書の写真
中学受験のための願書に添付する写真に特別に決まった規則があるわけではありませんが暗黙の了解で、このように撮った方がいいというルールはあるようです。今回はそんな願書用の写真のルールをご紹介したいと思います。
願書の書き方
子供とともに過ごす時間が多いのって母親ですよね。中学受験を控えるデリケートな状態の子供を支えるのも大切な母親の役目なんです。今回は、中学受験を目指す子供をサポートする母親の役目についてご紹介していきたいと思います。
説明会の服装
中学受験を考えている方は学校説明会に参加されることも多くなるでしょう。そんな学校説明会に行く際に正しい服装ってあるのでしょうか?実際に中学受験の学校説明会で服装以外に必要なものを含めてご紹介していきたいと思います。
同伴面接の心得
中学受験の面接で保護者も同伴、または保護者だけの面接など、面接に保護者が出て行かなければならない学校があります。そんな時に、学校は保護者の何をみているのか、またどのような事をすればよいのかなどご紹介していきたいと思います。
面接回答の心得
中学受験の時に面接がついている学校が多いですね。ちょっとナーバスになりがちな中学受験の面接ですが、基本を押さえていればそんなに緊張する必要はありません。今回はそんな中学受験の面接の回答についてお話していきたいと思います。
共学を選ぶべき?
中学受験をする際にたくさんの学校を見ていると、ふと女子校にするべきなのか男子校にするべきなのか、はたまた共学校の方が良いのがと迷いますよね。今回はそれぞれの学校の魅力をご紹介していきたいと思います。
受験に向いている子
実は中学受験には向き不向きがあるようです。では実際に中学受験に向いている子とはどんな子たちなのでしょうか?今回は中学受験に必要な子供のキャラクターとともに中学受験に向いている子の特長をご紹介したいと思います。
受験に向かない子
中学受験にはやはり向いている子と向いていない子が存在するようです。では中学受験に向かない子の特徴とはどのようなものがあるのでしょうか?また両親はどのようにそれを見極めればよいのかご紹介していきたいと思います。
専門雑誌を読もう
中学受験向けの専門雑誌をみなさん読んだことはありますか?結構様々な有力情報を得られるのでとても便利なんです。そんな中でもおすすめの中学受験向けの雑誌とともに、中学受験のための情報をどのようにして得るとよいのか紹介していきたいと思います。
算数をカバーする方法
算数が苦手だと中学受験に不利になるという話を聞きますが、果たしてそうなのでしょうか?子供が算数が苦手な場合どのようにフォローしてあげればよいのでしょうか?今回はそんな素朴な疑問にお答えしていきたいと思います。
算数の方程式
中学受験の算数と中学の数学は教え方が違うとご存じでしたか?中学の数学ではxとyを使って問題を解くのですが、中学受験の算数は違うんです。今回はそんな中学受験に使う方程式のお話をしていきたいと思います。
理科の覚え方
中学受験において、理科だけでなく、全ての強化において覚えなければならない重要ワードがたくさんありますよね。一番子供が苦手とする暗記ですが、たくさんの重要ワードを楽しく覚える方法をご紹介していきたいと思います。
志望校選びは親の役目
基本的に中高6年間と続く私学ですが、合わない学校を選んでしまうと子供にとっても親にとっても辛い結果が待ち受けています。今回は中学受験における志望校選びで親が気を付けることをご紹介していきたいと思います。
習い事と両立もできる
中学受験を控えている子供たちにとって、勉強の事を考えなくてもよい時間と言うのはたまには必要なんです。中学受験の準備と共に他の習い事を両立することのメリットについて今回はご紹介していきたいと思います。
野球との両立
私学の中学受験を目指す際にはその学校に魅力を感じ、親子共にがんばっていきますよね。そんな中で野球などのスポーツの実績が優れている私学を目指す場合受験勉強とスポーツの両立はどのように行っていけばいいのかご紹介したいと思います。
女子の偏差値
中学受験の際の偏差値のデータをみてみると、男子と女子ではちょっと違った結果をみることが出来ます。子供の偏差値の推移を見ることは学校を選びにも深く関係してきます。今回は偏差値データに見る男女の特徴をご紹介したいと思います。
共学の偏差値
中学受験の模試テストによって共学・男子校・女子校共に偏差値を確認することが出来ます。ですが、偏差値をチェックするときにテストの傾向もともにチェックすることが大切です。今回は偏差値による学校の傾向などのお話をしたいと思います。
学力が伸びる時期
学力が一気に伸びる時期がだいたい中学受験をするあたりの年齢だと言われたりしていますが、はたしてそれでは本当なのでしょうか?また、子供の学力を伸ばしてあげるにはどのような事をすればよいのか、そのあたりについてお話したいと思います。
伸び悩みの克服方法
中学受験だけじゃなく、大人になっても仕事で伸び悩みを感じる時ってありますよね?そんな伸び悩みを感じる原因とはどのようなものなのか、また伸び悩みをどうやって克服したらよいのか?今回はその問題について解決していきたいと思います。
親の悩みはつきもの
中学受験を控えた子供をもつと親として悩みがつきませんよね。その悩みをどのようにして克服すればいいのでしょうか?今回は、中学受験を控えた子供をもつ親がどのような時に悩みを抱えてしまい、どのように解決していけばいいのか一緒に考えていきましょう!
親の役割を考える
中学受験は子供の勉強にかかっているわけですが、実はそれだけではなく親の役割も重要です。中学受験は子供1人で解決できることではなく、お父さんとお母さんのサポートあってこそ!今回はそんな中学受験における親の役割についてご紹介していきます。
睡眠時間確保は大切
中学受験を控えていると夜遅くまで勉強しなければならない日が増えますが、睡眠時間が減ってしまうと子供にも親にとってもとても負担になります。そこで今回は中学受験を控える子供とお母さんの睡眠時間の管理についてお話したいと思います。
母子家庭は不利?
最近では珍しくなくなってきた母子家庭や父子家庭ですが、中学受験をさせる際に不利になることはあるのでしょうか?中学受験前から入学後までを含め、それらが不利になるかならないかのお話をしていきたいと思います。
体験談は参考にする?
きっとあなたのまわりにも中学受験を終えた子供を持つママ友達が多くいると思うのですが、彼らの中学受験における参考にするべきなのか、はたまた参考にするべきではないのか?今回は、私の体験談を含めご紹介していきたいと思います。
中学受験の弊害
中学受験による子供が受けるストレスが、親以上だということをご存じですか?辛いという気持ちを大人のようにうまくコントロールできない子供にとって出てしまうと怖いのが中学受験における弊害です。今回はそんな中学受験の弊害をお話したいと思います。
併願校の選び方
中学入試における精神的不安は計り知れないものです。本命の入試の前に1つでも合格を手にしているとその不安も少しは軽くなるはず。今回は中学受験における併願校の選び方や併願校受験前の注意点をご紹介してきたいと思います。
受験本当に必要?
公立中学ではなく私立中学に行かせるメリットや必要性に関しての感じ方は人それぞれですよね。今の時代お金もかかる中学受験になんの必要性も感じずに飛び込む人達なんていません。今回は私が感じる中学受験の必要性をお話したいと思います。
反対意見の対応法
どんな場面においても賛成意見・反対意見というものはつきもので、中学受験においても反対意見が生まれることがただあるわけです。そんな反対意見が生まれてしまった時の対応、そして、中学受験における親と子の関係についてお話していきます。
反抗期の対応
子供の反抗期は遅かれ早かれやってきます。そんな反抗期が大切な中学受験を控えた時期にやってきてしまった場合、もう受験を諦めざる負えないのでしょうか?今回は十学受験を控えている子供が反抗期に突入してしまった時の親の対応をご紹介します。
最低年収
施設も教育制度もしっかりと整った私学に通わせるための中学受験。中学受験そのものにもお金がかかるわけですが、やはり中学に入った後もお金が必要になってきます。今回は私学中学に通わせる際の最低年収などについてお話します。
難問は算数だけではない
中学受験の問題には大人でも解くことが難しいような難問や奇問が出現します。最近では算数のみならずさまざまな教科で登場するのですが、それらの問題と戦うにはどうすればよいのでしょうか?今回は中学受験における難問の対策方法をご紹介します。
読書好きのメリット
読書が好きな子供は、国語のみならず、さまざまな教科でそのメリットが発揮されます。この読書とは長文の本でなければならないでしょうか?今回はいかに読書が中学受験に有利か、また読書がもたらす中学受験へのメリットをお話します。
独学で合格は?
中学受験をする際、基本的には塾に通うわけですが、独学でも中学受験に合格することはできるのでしょうか?また塾に通わない場合どのようにみんな勉強しているのでしょうか?今回はその辺を交えてお話していきたいと思います。
電子辞書が必要な時期
電子辞書は重たい辞書を持ち歩く必要もなく便利な道具ではありますが、実際に中学受験生にとって電子辞書って必要なのでしょうか?今回は体験に基づく、中学受験生にとって電子辞書が必要の有無&本当に必要な時期についてお話します。
調査書の影響力
中学受験の際にたまに調査書の提出を求める学校があります。この調査書は中学受験の際にどのように影響してくるのでしょうか?提出する調査書の中学受験への影響、そして調査書の内容の注意点をご紹介していきます。
親同士で相談する
中学受験を控えた子供を持つと誰か相談できる相手がいる方が気が楽な気がしますよね。さらに同じ状況の親同士だと、お互いに解決し合うことができるのではないか?今回はそんな親同士で相談し合う際の注意点をご紹介していきます。
「全落ち」の可能性
中学受験を目指し親子共に二人三脚で大きなゴール目指してひたすら走り続けるわけですが、その結果も空しくすべての学校に不合格になってしまう「全落ち」の状態は起こりえるのでしょうか?今回は私の経験談を交えてお話させていただきます。
成功の醍醐味
中学受験のゴール&成功と言えばやはり合格という文字が浮かぶかもしれませんが、それらが達成できなかったからといって、全てが失敗という言葉で片付けられてしまうのでしょうか?今回は中学受験における成功の考え方をお話したいと思います。