学研 家庭教師 入会金

MENU

家庭教師分野1番人気の学研は、入会金いらず?勉強法で未来が変わる!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

家庭教師を雇うには一体いくらお金が必要なのか。

 

勉強もただではなくなり、塾も家庭教師も入会金が必要になったのです。

 

学習法に評判の高い学研は入会金をいくら用意すればいいのか調べてみました。

 

勉強法が苦手

勉強に対して嫌悪感や苦手意識が強い子も沢山いる事は、自分の経験からよく解っています。

 

出来る事なら勉強なんてしたくないし、勉強が好き、嫌いではない子の方が多くはないでしょう。

 

しかし、勉強が好きな子も中にはいますが、一体何が違うのか疑問に思った事はありませんか?

 

私の小さい時は、子供は外でよく遊び、自分の幼少期を振り返っても、決して勉学が得意な方ではありませんでした。

 

ひと昔前を例に挙げるなら、ゆとり教育というものもあり、「日本の子供は勉強しすぎだ」

 

なんて理論も取り上げていましたが、果たして皆そうなのでしょうか?

 

学習方法はいくらでもあります。

 

選択肢はあるのに、やる子やらない子がいるのは、学校の学習法や集団教育に慣れていない、ついていけない子が多い様に私は考えています。

 

そんな子供たちも放課後や特別に先生と1対1になった途端理解する子も多いと現役教員の方も経験しているようです。

 

集団教育の場合、解らない子に合わせられない背景がありますが、そんな子の勉強法の選択肢は塾だけでいいのでしょうか。

 

多様化する勉強法

塾での勉強法も近年では多様化し、個別授業を軸にしている塾や、マンツーマン授業など近年ではよりその子に合った学習法が選べるようになってきました。

 

でもやはり塾などは、他の子の目もあるし、他人が気になる子は少なくないようです。

 

そういう子には家庭学習の家庭教師という選択がいいと感じます。

 

もちろんマンツーマンで授業がしてもらえるし、苦手な所を徹底的に教えてもらえます。

 

中でも学研の家庭教師は、事前に体験学習することで、その子の苦手分野を割り出し、尚且つその子にあった勉強法を教えてもらえるのです。

 

自分では意外に得意と思っていた子は「こんな解き方もあったのか」「つまづいていた所が理解できて逆に得意になった」など喜びの声が多数出ているようです。

 

自宅での家庭教師のメリットは何といっても本人がいつもと変わらない部屋で、気を使わずに勉強できるところですね。

 

もちろん、体験学習の時にはお子様の人間性も見られますので、なるべくお子様にそった教師を付けてもらえる他、どうしても教師と合わない場合は変更も視野に入れて考えてくれるようです。

 

入会金高い?

そんな学研の家庭教師は1コマ○○円と言ったように、1科目、1コマ○○円という金額設定の様です。

 

初回に入会金がないのかと色々調べてみたところ、中には2万円程支払ったと言われる方が多く確認できました。

 

ご希望の授業数などを決めたら、一度無料見積もりを取り再度検討する必要があると感じました。

 

入会金はほとんどの塾や、家庭教師で支払うのが当然になっていますが、やはり安いものではありませんし、モノではないのですぐに結果に結びつきません。

 

中には年会費を支払ったというケースもありますので、無料体験の際に要チェックの

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

中学受験の総合情報

スポンサーリンク